陸上自衛隊 「野外手術システム」

野外手術システム(JGSDF Field Operation System)は、陸上自衛隊衛生科装備。
主として後方支援連隊の衛生隊などに配備されて、医療施設の無い場所で初期外科手術を行うことで、傷病者の救命率向上を図るものである。コンテナ4つに収容されて、73式大型トラックに搭載されている。

特徴

現在の野外手術システムは1988年(昭和63年)に導入されたものである。車台は73式大型トラックをベースとしており、手術車、手術準備車、滅菌車、衛生補給車の4つの車両で1セットになっている。またシステムに必要な電源・水の供給のため、出力15キロボルトアンペアの発電機2台と1t水タンクトレーラ1台を、手術車を除く各車で牽引している。実際に使用される際は、所要床面積確保のため、手術車は約2倍に拡幅できる。また手術車と手術準備車の側面が通路で連接されて一つの部屋のようになる。衛生補給車には、実働の際に用いられる医療機器や薬剤等が搭載されている。なお、これらのシェルターは卸下して展開することもできる。
開胸、開腹、開頭など救命のための初期外科手術に対応でき、1日10〜15人の手術に対応可能とされている。なお自衛隊衛生の体制では、本システムを含む収容所・野外病院では、後方病院への後送に耐えうるようにダメージコントロール手術または処置を実施することとされており、専門的な治療は、戦場から離れた地域において、比較的安全で設備も整った医療機関で行われることとされている。
日本文化チャンネル桜が2010年に北部方面隊隷下師団の野外手術システムを取材したところによれば、重要影響事態の際には、戦場近くに展開し、実動するとされる後方支援連隊の衛生部隊(師団収容所、野外病院など)に配置され、大量の負傷者が出た場合は手術前にトリアージの判定が行われる。

設備内容

手術車
電動手術台、X線撮影装置、無影灯(5灯式)、スポット灯、麻酔器、電気メス、患者監視装置
手術準備車
簡易血算器、血液ガス分析、血液迅速分析装置(生化学検査)、遠心分離機、双眼顕微鏡、X線フィルムの現像、手術用器材及び薬品の保管
滅菌車
手術用機材の滅菌・洗浄
衛生補給車
医薬品、血液、衛生用品の保管・補給

手術準備ユニット内部 手術ユニット内の手術台・X線透視装置 手術ユニット内の麻酔器

 

海上自衛隊  「護衛艦いずも」

海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦いずも(JS Izumo, DDH-183)。


大規模災害や国際緊急援助のためにどんな装備があるのか。天井に何本もの管がむき出しになった迷路のような艦内を進むと、新品の3段ベッドが並ぶ寝室があるのだが、その数は1000床。乗員のほか、およそ500人の輸送が可能だ。これは大規模震災などで被災した人たちに提供するためと、さらには海外での緊急事態の際の邦人輸送を想定している。

「いずも」には一般の病院なみの医療施設も完備されている。集中治療室、歯科治療室、隔離病棟のほか、手術室まであって任務の際は自衛官の医師が2名搭乗する。

他にも「いずも」は重要な役割を担っている。100インチの巨大モニターを使用し、陸・海・空の部隊を一緒に動かす指揮所・司令部としての多目的室だ。「いずも」には船の至るところにアンテナが設置されていて、これまでの護衛艦よりも大幅に通信能力が向上している。この能力を応用して、海上の司令塔としてはもちろん、大規模震災により崩壊した自治体の代替施設としても使用できるという。

航空自衛隊  「機動衛生ユニット」

機動衛生ユニット(きどうえいせいユニット)は航空自衛隊が装備する航空機搭載型の医療ユニット。

概要

有事や災害時に傷病者を域外搬送するために開発された装備である。
輸送機への搭載が容易なコンテナ型となっており、1ユニットに最大3名を収容可能で、C-130輸送機には2ユニットを搭載できる。ユニットは長手方向の前後に出入口を備え、中央に主ベッドが配置されているが、簡易ベッドを使用する際はユニット右側にスライドする。簡易ベッドは取り外し可能で、ユニット左側に二段に設置する。
集中治療室に準じた環境で重症患者を安全に搬送出来るよう、各種の医療機器が搭載されている。機器の選定にあたっては、限られたスペースに搭載することから軽量小型である点を重視、信頼性の面で機上医療における使用実績の有無も考慮している。天井には最大20000ルクスの照明が設置されている。
同様にユニット化された医療設備として陸上自衛隊が野外手術システムを装備しているがコンセプトが異なり、野外手術システムが4台の車両と支援装備から構成され、本格的な外科手術を行う野戦病院としての機能を備えるのに対して、機動衛生ユニットは航空機へ搭載することからコンテナ1台にコンパクトにまとめられており、重症患者を迅速に航空搬送するための集中治療室としての機能に絞られている。
航空機搭載型ユニットの特徴として、飛行中の輸送機の貨物室は騒音が激しいため、防音性に優れた構造となっており、ユニット内が80デシベル以下になるよう設計されている。乗員との連絡には専用のヘッドセットを利用する。また、航空機の機器と医療機器の間で電磁波干渉による誤作動が発生しないよう、電磁波を遮断する構造となっている。
2007年3月29日に1号機が、2010年12月16日に2号機が小牧基地へ配備されている。


搭載機器

・生体情報モニタ
・人工呼吸器
・除細動器
・輸液ポンプ
・吸引器
・低圧持続吸引器
・シリンジポンプ
・血液ガス分析装置
・超音波診断装置
・自動心肺蘇生器
このほか、経皮的心肺補助装置(PCPS)、大動脈内バルーンパンピング(IABP)など医療機器の持ち込みに対応するため、100V交流コンセントが設置されている。


運用

ユニットは小牧基地に配置されている第1輸送航空隊第401飛行隊のC-130Hに搭載され、航空機動衛生隊が機上医療を担当する。要員は1ユニットにつき医官、救急救命士、看護師、管理要員の4名が基本編成である。
2011年4月11日に、東日本大震災で骨折し北海道へ搬送された岩手県の90代女性を、治療後に千歳基地から花巻空港へ搬送したのが初運用となった。女性は重度の心不全を抱えており、陸路の長距離搬送が困難で本ユニットの能力が発揮された事例であったが、東日本大震災における運用はこの1件のみで活用の機会が限定されたことから、事後に機材および運用の改善が検討された。
2012年以降は、重篤な心不全、呼吸不全などで長距離搬送を要する患者の輸送を災害派遣(患者輸送)として行っており、2014年11月22日現在の累計搬送回数は13回である。


諸元

全長:約5.1m(出入口のスロープ収納時)
全幅:約2.5m
全高:約2.4m
出入口:2ヵ所(開口部寸法:縦177cm×横77cm)
電源:航空機より供給(バッテリー装置付)
空調:航空機より供給
水搭載量:18L
酸素搭載量:60L(医療用酸素ボンベ×6本)


ユニット搭載後、機体後方から撮影 ユニット内部 患者3名仕様 ユニット内部 患者1名仕様
 
 




 



今月の最新情報



Twitter







リンクフリーです。
ご自由にお使いください。